フィレンツェ在住日本人達によるフィレンツェを中心とするイタリア情報ブログです。観光、グルメ、ショップ情報、イヴェントなどの役立つ情報や、現地での何気ない生活エピソードを紹介させていただきます。


by フィレンツェ目安箱

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:フィレンツェで展示会( 5 )

"RiFili-リフィーリ" 廃棄物を利用して「災害を表現したアート」

"リフィーリ"  グローリア・トランキーダの私的展示会 - フィレンツェ
ミミ・フラハ

アーティスト、グローリア・トランキーダの展示会が

ミミ・フラハ店内スペースにて行われました!

b0302939_00010591.png

道端に捨てられていた紙とダンボールの箱・・・・。

彼女の作品は全てこれらの廃棄物から始まります。

廃棄物を利用しながら

私たちの住む地球に起こった数々の災害からインスピレーションを受け、

それを表現したのがグローリア・トランキーダの作品です。

b0302939_00014663.jpg

<CGV>
(Clorovinilmonomero)


危険廃棄物は最終的にどこへいくのか・・・・?

そして私達はこういった危険物をどれだけ、きちんと把握できてるのか・・・?

b0302939_00012745.jpg

<percolato>


有毒な廃棄物のせいで病気になったり、死をもたらす日常をテーマに、

彼女のこれらの作品タイトルは、産業廃棄物、有毒・危険物に捧げられています。


b0302939_00013721.jpg

<Plutonio>
 
こちらは2011年に起こった東北大震災の時の
福島にある原子力発電所をイメージした作品だそうです。


特に私達日本人にとって考えさせられる作品です。


"自分自身を思うよりも、他人を思いやる気持ち
今だけを思うのではなく、将来のことを考える"

ヴィットリオ・フォア(イタリア人政治家)


"Pensare agli altri oltre che a se stessi,
al futuro oltre che al presente"

Vittorio Foa

グローリア・トランキーダさんのホームページはこちら


"リフィーリ"  グローリア・トランキーダのパーソナル展示会 は

フィレンツェのボルゴ・デイ・アルビツィ通り35R,
ミミ・フラハ店内にて2014年3月8日から23日まで

営業時間
10.00 - 13:30, 15:30 - 19:00 -  月曜日閉店
3月23日は日曜日も開店 
-入場無料

“RIFILI” mostra personale di GLORIA TRANCHIDA - FIRENZE
Mimi Furaha
Firenze, Borgo Albizi 35 r
Dall’8 marzo al 23 marzo 2014

Orari 10.00 - 13:30, 15:30 - 19:00 - chiuso lunedì 
aperto domenica 23 marzo -
ingresso libero


b0302939_01570901.jpg





ルネッサンス発祥の地、芸術の都フィレンツェの中心街にある


ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura "
で、
あなただけの手作りの展示会や発表会をしませんか?




今回のようなアート展示会の他に、彫刻や絵画などのファッション展示会、

本の発表会、またミニ・コンサートとしての使用例がある以外にも、

あなたのアイデア次第でいろんな可能性がございます!

詳しくはこちらの記事から(クリック)



ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-03-15 08:16 | フィレンツェで展示会

ミミ・フラハのアトリエのある建物の外観とアクセス

今日はミミ・フラハのアトリエ-文化・芸術のサロンのある

建物の外観とアクセスについて軽く説明をさせていただきます。
b0302939_425721.jpg

ミミ・フラハがあるのは建物はこの写真の左側になります。

b0302939_433894.jpg

店内入り口を正面からみた様子がこちらですが、

展示会場となるのは店内の奥の別室になります。


アクセスについてですが、

フィレンツェは中心街の端から端まで歩いても大体30分位の小規模の街で

しかも中世の町並みがそのまま残っているため車での通行は通路が狭く、

一方通行がほとんど,車に対して色んな制限もあり、

徒歩か自転車、バイク、又はバスなどの公共交通手段を使うことが一般的です。

(場所によっては、バイクも入れないところもあります)


ミミ・フラハのアトリエ-文化・芸術のサロンは旧市街の保護区域にあるため

車両に対しての厳しい制限があるので、


展示会場へのアクセスは 基本 徒歩になります。
(もしくはタクシーのご利用)


フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(フィレンツェのメイン駅)から徒歩12分


フィレンツェの花の大聖堂(ドゥオーモ)サンタ・マリア・デル・フィオーレや、

共和国広場(レプブリカ広場)、ヴェッキオ宮殿・ウッフィッツィ美術館などの

観光の中心になる各場所からどこも大体徒歩で5分位でいける距離の

便利な場所です。


下の写真は、展示会場から歩いて1~2分の近くのピアッツァ(広場)です。

すぐ傍にはフィレンツェ・サンタ・マリア駅前を通過するバス等のバス停もあります。

b0302939_49471.jpg

ただ、バスについては、フィレンツェ市内は一方通行が多いため、

行きと帰りのバス停が同じ場所の向かい側にないことが多く、

又、工事などの理由で予告なしの突然の進路変更もあり

そういう面を考えても、徒歩が一番シンプルでお勧めです。


ルネッサンス発祥の地、芸術の都フィレンツェの中心街にある

ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura " で、

あなただけの手作りの展示会や発表会をしませんか?
b0302939_2011141.gif


詳しくはこちら↓
芸術の都フィレンツェでアットホームな手作り展示会を開いてみませんか?

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-10-16 20:26 | フィレンツェで展示会

プーリア出身のデザイナーのミニ展示会が行われました!

TERRA E CIELO DI PUGLIA..
DOMENICA 06/10/2013

L’architetto e designer, Annalisa Surace
reinventa uno stile mediterraneo


プーリアの大地と空
2013年10月6日 日曜日

建築士であり、デザイナーのアンナリーザ・スラーチェが
新たに作り上げる地中海スタイル

b0302939_3254042.jpg

プーリア出身のデザイナーのアンナリーザ・スラーチェの展示会が

ミミ・フラハ店内にて行われました!
b0302939_3265374.jpg

南イタリアのプーリア地方に伝わる昔ながらの手法による

その土地で紡がれた糸、織られた生地を使い

その地方の伝統的な服等を元にデザインされた彼女のコレクション「IJO」


「IJO」とは、古代ギリシャ語で太陽という意味

南イタリアにはその遥か昔、古代ギリシャの領土だったという歴史があります

b0302939_326968.jpg

アンナリーザ・スラーチェのコレクションは

素材やその工程にもこだわり、また手作りであるがゆえに

スモール・コレクション、そして、そのほとんどが一点ものばかりです

b0302939_3271913.jpg

店内では、プーリア独特の食べ物(おつまみ類やドルチェ)と飲み物が振舞われ、

一般のお客さんとも、今日の主役であるデザイナーのアンナリーザとも

各自が気軽に談話しながら展示会を見学するという一時を過ごせました。

b0302939_3274817.jpg

そして、デザイナー本人が来場してくださったお客様とのやりとりするシーンも・・・

      
      


ルネッサンス発祥の地、芸術の都フィレンツェの中心街にある

ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura " で、

あなただけの手作りの展示会や発表会をしませんか?


b0302939_2011141.gif


今回のようなファッション展示会の他に、彫刻や絵画などのアート展示会、

本の発表会、またミニ・コンサートとしての使用例がある以外にも、

あなたのアイデア次第でいろんな可能性がございます!


詳しくはこちらの記事から(クリック)

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!

 
ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-10-08 05:29 | フィレンツェで展示会

パラッツォ・デッリ・アレッサンドリとミミ・フラハのアトリエ-文化・芸術のサロンについて

前回の記事 (こちら↓)
芸術の都フィレンツェでアットホームな手作り展示会を開いてみませんか?に続く記事です。


ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura "
がある


パラッツォ・デッリ・アレッサンドリ Palazzo degli Alessandriは

14世紀初期にアレッサンドリ家により建てられた中世の歴史的建造物です。

アレッサンドリ家は、フィレンツェで有名な

アルビツィ家からの流れを汲むファミリーであり、

又、アルビツィ家はフィレンツェの羊毛を扱う裕福な大商人で、

フィレンツェの歴史の中でゴンファロニエレ

(市政の第一人者、今で言う市長のような存在)を

何度も輩出したことのある名家であります。


この建物がある場所は

フィレンツェのドゥオーモやウッフィツィ、ベッキオ宮殿、レプブリカ広場などの

フィレンツェが世界に誇る歴史的建造物からどれも徒歩5分ほどで行き来できる、

大変便利な位置にあり、

また、そのポジションからいかに歴史に深く関わりのある場所であった事を

想像していただけるのではないかと思います。



現在このパラッツォ・デッリ・アレッサンドリの近辺は観光客や地元の人間の

行き交う賑やかで活気のある通りで、

一部は商業用に利用され、私たちが紹介させていただいてる

このミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロンも、その中の一つです。


天井の高さ、7m以上

部屋の広さは 50平方メートル

b0302939_627414.jpg

昔の建物ならではの高い天井で、ゆとりのある間取りです。

このスペースを利用して、既に若いイタリア人アーティストの芸術作品の展示会、

また歌や楽器などのミニコンサート、本の発表会などが行われました。


b0302939_6284330.jpg


展示場はお店のスペースの一部なので、お店のオーナーであるミシェルさんの

営業時間と同様の時間帯のご利用となります。

営業時間についてとコンタクトはこちらまで ↓
http://www.mimifuraha.it/contatti/

ミミ・フラハの公式サイト
 
http://www.mimifuraha.it/


ミミ・フラハのアトリエのある建物の外観とアクセス←についてはこちらをクリック
*こちらのパラッツォ内は歴史的建造物保護の為、
展示品の照明・展示目的などで壁や天井に穴を開けることは出来ません。
大変ご不便をおかけしますが、どうか理解をお願いいたします。


ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-30 06:58 | フィレンツェで展示会

芸術の都フィレンツェでアットホームな手作り展示会を開いてみませんか?

ルネッサンス発祥の地、芸術の都フィレンツェの中心街の、

ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura "
で、


あなただけの手作りの展示会や発表会をしませんか?

b0302939_6231785.jpg

展示場はパラッツォ・デッリ・アレッサンドリ (palazzo degli Alessandri)という


フィレンツェの由緒ある歴史的建造物の一つで、そのパラッツォ内の一角の


50平方メートル (天井も高さ7M以上)というゆったりとした空間で行われます。


b0302939_7125645.jpg

こちらのパラッツォはフィレンツェの中心街に位置し、


フィレンツェの花の大聖堂(ドゥオーモ)サンタ・マリア・デル・フィオーレや、


共和国広場(レプブリカ広場)、


ヴェッキオ宮殿・ウッフィッツィ美術館などの観光の中心になる各場所から


どこも大体徒歩で5分位でいける距離の便利なところにあり、


観光客はもちろん、フィレンツェ市に住む沢山の人々が行き交う


「地元のショッピング街」で、市内の重要な通りに面しています。



現在はこの歴史的パラッツォの一部が店舗として使用されていて、


その店舗の一角が展示会の会場となります。


展示会場のオーナーはミカエラ・ブリキエーリ・コロンビさん。


女性用の洋品店を経営する傍ら、若く希望のあるアーティストを応援し、


店内の空きスペースを開放しています。


彼女自身も様々な文化に興味があり、


洋風文化、日本・東洋文化と限定する事なく、新しい事や伝統的な事も、


ここルネッサンスの発祥の地、芸術の都フィレンツェで


地元の人間はもちろん、多くの観光客の方々にも紹介する事に積極的です。




今までの利用例

b0302939_4462311.jpg

絵画・彫刻,アクセサリーなどのアーティストの展示会

b0302939_4454744.jpg

本の発表会

b0302939_6182748.jpg

音楽のミニコンサート

などなど

(過去記事での具体例はこちらをクリック

 
・ プーリア出身のデザイナーのミニ展示会が行われました!
 
・ "RiFili-リフィーリ" 廃棄物を利用して「災害を表現したアート」


皆さんのアイデアしだいで、まだまだ他にもスペースを上手に活用する

沢山の可能性があります!

コンタクトはこちらまで ↓
http://www.mimifuraha.it/contatti/

お店の公式サイト
 
http://www.mimifuraha.it/




展示会についてもう少し詳しくこちらの記事で紹介します!(クリック)

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-29 07:38 | フィレンツェで展示会

最新の記事

新しくなったフィレンツェSM..
at 2017-07-06 15:50
Firenze中心街ののショ..
at 2017-04-07 04:49
イタリア中央地震の被害でお亡..
at 2016-08-31 01:41
中心街にできた秘密(?)のBAR
at 2016-06-09 15:50
イタリアのちょっと怖いカーニ..
at 2016-02-07 08:18

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

お役立ち情報

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして!
フィレンツェで展示会
イタリア生活のエピソード
フィレンツェ観光
フィレンツェのバス・電車
イタリアのニュース
素敵なイタリア人
グルメ・ショッピング情報
観光お役立ち情報
イタリアでの婚姻手続き
ファッション・モーダ
イベント
ご挨拶
フィレンツェ近郊アウトレット
未分類

フォロー中のブログ

お茶の時間にしましょうか...
花と風景 Photo blog
花が教えてくれたこと
小さな森の写真館 (a ...
dezire_photo...
Green+Pink
カザルパロッコのネコ(C...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
BAYSWATER
Happy moment
人生とは ?
気ままな食いしん坊日記2
陶房弥栄より
YUKA’sレシピ♪
a cozy littl...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
hhh
kotorishu* (...
カザルパロッコのネコ
La rose 薔薇の庭

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

検索

ブログパーツ

タグ

(100)
(96)
(51)
(35)
(35)
(30)
(18)
(16)
(13)
(12)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)

ファン

最新のトラックバック

ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..

外部リンク

その他のジャンル