フィレンツェ在住日本人達によるフィレンツェを中心とするイタリア情報ブログです。観光、グルメ、ショップ情報、イヴェントなどの役立つ情報や、現地での何気ない生活エピソードを紹介させていただきます。


by フィレンツェ目安箱

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:イタリアのニュース( 12 )

イタリアのちょっと怖いカーニバル・イべント

イタリアは今現在宗教祭事であるカーニバルの季節で、

フィレンツェでもそれぞれ各地でカルネバーレに関するイヴェントが

多々開催されています。

カーニバルはイタリア語ではカルネバーレといい、

元は宗教的祭事で中世の衣装を着たり、

いわゆるコスプレをすることが多い行事な為か

今現在は主に子供達がこの時とばかりお姫様やヒーローものの衣装を着て

街を歩きながらコリアンドロと言われる日本で言う紙吹雪のようなものを

撒き散らしながら街を闊歩するのが主流になりつつある子供が喜ぶイベント。


今回わたしが見たのは週末のオンニサンティ広場で行われた

カルネバーレのイベントの様子です。


b0302939_07293312.jpg

沢山の子供達が集まり、コリアンドリをまき散らした様子は

上の画像を見ていただくと良く判ると思います。



当日のイベントが終わるのに向けてショーが始まるため、黒尽くめの

ちょっと怖い集団が太古などの楽器を鳴らしながら集まってきました。

b0302939_07295171.jpg

火をくるくる回しながら上手に操る若い女性や男性達によるショーは

なかなかかっこよかったです。049.gif053.gif

b0302939_07303541.jpg

・・・が、しかし

最後には等身大の紙で出来た人型の人形がおかれ、お兄さん達の火で

火をつけられて燃えつき尽きるのを観衆達も見届けることに・・・。008.gif

子供達が沢山集まるイベントで、かなりの子供達が見ていたはずですが、

大人の私でも正直言って見ていてちょっと怖かったくらいです。007.gif


でもやはり歴史や宗教にはこういったものがつき物だったのかな、

と考えさせられる一面もあるものの

これを子供達に見世物として見せるにはいいものかどうか

疑問に思ってしまいました。



カトリックの文化にあまり詳しくない日本人の私は

一緒にいたイタリア北東部出身の女性にこのショーについて

「こういうのってカルネバーレではよくある伝統のシーンなのかな?」

と質問したところ

「私の出身地ではこういうのは、見たことはないわね」と答えてくれたので

もしかしたらフィレンツェ独自のものか、

それともこのショーを担当したというダンスの学校が

中世の歴史ではしばしば見られたシーンを

見世物として独自に演出しただけのかもしれません。



それにしても今回はちょっと怖かったカーニバルイベントでした!





ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2016-02-07 08:18 | イタリアのニュース

映画「インフェルノ」のロケ

ここ数日フィレンツェの中心街では連日何やら通行止めとその周りを人垣が囲む事態が多発しています!
何かというと、映画「インフェルノ」のロケでトム・ハンクスやキャストの人達の撮影中だと言うことで観光客も現地の人もみんなカメラを片手にその様子をじっと眺めています。

b0302939_05543463.jpg

ブランド街周辺でのロケの様子です。
この黒いテントの奥にトム・ハンクスが!!とみんな言っていましたが遠すぎて全く見えません・・・。
でも確実に撮影してる感じで見ている方もドキドキします。

b0302939_05574960.jpg

このように撮影に使われる機材もあちらこちらに・・・。


b0302939_05541594.jpg

街中のロケ以外にもベッキオ宮殿(現在は市役所として使用されています)の中でも撮影が行われたそうです。


この一連の映画のためのロケで制作側はフィレンツェ市に対しておよそ3000万円支払ったそうです。
通りを通行止めにするに当たってその範囲内にあるお店やレストランへの支払い(通行止めになったためにお客が入れず売り上げができないことへの補償など)やベッキオ宮殿内の「500人広間」を貸し切りにすることへの謝礼など、映画を作るってやっぱりお金がかかるんですね。

フィレンツェのローカルニュースでTVでも報じられていたこの撮影、実はもう今日が最終日だったらしくアッという間でしたが映画の出来上がりが楽しみですね。
特に在住者の人は映画を見ればどこで撮影されたかすぐにわかるのではないでしょうか。
そうでなくてもフィレンツェに滞在したことのある人にとっても映画で見慣れた場所を見るのはまた違った楽しみになりますね。

映画の公開が楽しみです!!



ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!



[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-05-15 06:10 | イタリアのニュース

リチャード・ジノリ RICHARD GINORI

日本でも有名なフィレンツェの陶器ブランド


「 リチャード・ジノリ RICHARD GINORI 」

b0302939_07302798.jpg

今回はその歴史と現在のジノリをご紹介したいと思います。

歴史は遡る事1735年、カルロ・ジノリ氏によって


フィレンツェのセスト・フィオレンティーノにて創業。


当時の貴族や政治家に愛され徐々にその名が


イタリア国内で有名になっていきました。 その後、


1896年、ミラノのアウグスト・リチャード氏率いる工業団体と合併、


現在の「リチャード・ジノリ」の誕生となりました。


近年のイタリア政府のG8国際会議などでの公式晩餐会の際にも


ジノリの食器が使用されるというイタリアが誇るブランドで、


創業から数世紀たった現在でもセスト・フィオレンティーノでは


生産が続いておりその工場からは沢山の職人が育ち、


今では食器デザインのスペシャリストの登竜門となってるという話も。


b0302939_07303546.jpg

そんな名門のジノリも残念なことに近年は経営悪化が続いてしまい、


2013年には、同年グッチ(GUCCI)グループに買収され


グッチグループ傘下にはいる事になりましたが、


フィレンツェの中心街のロンディネッリ通り(VIA DEI RONDINELLI)


にある本店が以前よりもさらに洗練されおしゃれ感がぐっと増した


さらに美しく華やかな店舗にリニューアルされ、


またその他にもフィレンツェ郊外のアウトレット「THE MALL」にも


臨時店舗をオープンさせています。


一時期は破産申請で今後が危ぶまれたジノリでしたが、


グループの買収によりそのブランド名も存続となり今後の発展が期待されます。


今後はGUCCIのホームラインとして食器や置物が登場するかもしれませんね。


セスト・フィオレンティーノの本社・工場の敷地内には


アウトレットも併設営業しています。


ジノリの生まれた土地、セスト・フィオレンティーノには


リチャード・ジノリの美術館もあり、そこでは


その歴史、そして歴代の芸術作品とも言える価値を持つ


陶器製品の数々を見ることができます。



フィレンツェにお越しの際は是非ジノリのお店、


そしてもし時間に余裕があればセストフィオレンティーノの美術館や


アウトレットも尋ねてみてはいかがでしょう。


b0302939_07304060.jpg

003.gif写真はフィレンツェ中心街の本店です003.gif


フィレンツェ中心街の本店
住所:via dei Rondinelli 17 firenze

(ビア ロンディネッリ 17)
TEL:055-210041


045.gif以下はフィレンツェ郊外のセスト・フィオレンティーノ045.gif

(SESTO FIORENTINO)になります。


リチャード・ジノリ美術館
Museo R.Ginori delle Porcellane
住所:viale Pretese 31, 50019 Sesto Fiorentino FI

(ビアーレ プレテーゼ 31、セスト・フィオレンティーノ)
TEL:055-4207767


セストフィオレンティーノのアウトレット
Outlet Botteguccia Richard Ginori
住所:viale Giulio Cesare 19 50019 Sesto Fiorentino

(ビアーレ ジュリオ チェザーレ 19 セスト・フィオレンティーノ)
TEL:055-4210472






ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!











[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-02-17 07:31 | イタリアのニュース

海沿いの街RICCIONE(リッチョーネ)。

アドリア海側の海沿いの街、リッチョーネをご紹介します。

ここは夏はものすごい数のロシア人が訪れ、もちろんイタリア人もヴァカンスに来るイタリアでも有名なリゾート地で、海沿いにはホテルが立ち並び砂浜のほとんどは各ホテルのプライベートビーチになっています。

b0302939_03344038.jpg
海沿いの歩道は全てきれいに舗装されてジョギングやサイクリングのコースも設置され、しかもその歩道の下にはイタリアでは珍しく地下駐車場が新たに作られ車を駐車すればホテルとビーチと直結してるという何とも便利な構造になっています。

もちろんサービスも丁寧で親切。
ちょっとイタリアらしからぬ雰囲気ですね♪

そして海沿いの街だけあって魚介が抜群に美味しいです。
おしゃれでモダンなレストランが多いのも特徴ですね。

b0302939_03354445.jpg
そしてなんといっても夜はやっぱりおしゃれに着替えてお出かけするのがリッチョーネの過ごし方。
夏のバカンスシーズンはクラブはもちろん、中心街の普通のお店も夜12時位まで開いています。
人も多く出ているので女性だけで出歩いても割と大丈夫な雰囲気です。
シーズンオフになるとわりと賑わいは減りますがそれでもお店はわりと遅くまで開いています。

b0302939_03372311.jpg
真夏のバカンスを満喫したい方、秋口の海でゆっくり過ごしたい方、どちらにもおすすめです♪




ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!












[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-10-06 03:46 | イタリアのニュース

フィレンツェにもようやく春の訪れです★

先月末までイタリアも特に北では大雪、大雨などで被害が結構出ていましたが今週に入ってようやく春の訪れを感じる気候になってきました!

フィレンツェだけでなく、イタリア全土、そしてヨーロッパにもこの高気圧は広がっているみたいで各地で暖かくて過ごしやすい日が続いています。


今まではまだまだ寒くてしょっちゅう雨で気分もふさがり、特に観光で来た方々には動きにくいお天気の毎日でした。
中心街を散策するにも雨の心配やしっかりニット帽をかぶるなりして防寒も欠かせませんでした。
それが今週に入ってようやく暖かくなってきて太陽も頻繁に顔を出すようになりました!
やっぱりお天気がいいと気分も晴れますね!!!

それもあってかここ最近フィレンツェ市内で3月~4月にかけて屋外で催されるイベントもいくつか出てきたみたいです。


アルノ川沿いにあるカッシーネという大きな公園では毎週末家族連れやカップル、スポーツをする人たちでにぎわいます。
そこで開催される毎週1回のメルカート(食べ物、日用品、何でも揃う市場です)は有名ですが
その他にも週末に子供達の為のイベントが予定されてるそうです。

b0302939_20154538.jpg



同じくアルノ川沿いの(割と上流の方)にあるイベント会場でも最近週替わり、月替わりで色々開催されています。
冬の期間はアイススケート場が臨時で設営されたりとそこも中々楽しめる場所です。
今後春に向けてどんなイベントが開催されるのかますます楽しみですね!

生物が冬眠から覚めて動き始めるようにやっぱり春は何か動きがありそうなワクワク感で溢れます。
このお天気がずっとこのまま続いて本格的に冬が終わってほしいですね。

フィレンツェ中心街の散策、ミケランジェロ広場やフィエーゾレなど見晴らしがいい場所へお出かけ、お天気がいいと楽しみがいっぱいです!


在住の方も観光でいらっしゃる方もフィレンツェの春を思う存分満喫しましょう!!



ブログランキングに参加中です。  
↓にワンクリックで応援をお願いします!
海外ニュース ブログランキングへ





[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-03-12 20:22 | イタリアのニュース

シニョーリア広場の開発事情

 
ベッキオ宮がそびえ立つフィレンツェのメイン広場の一つ、シニョーリア広場。
ここ最近広場周辺で少しずつ変化が起こっているようです。

b0302939_19581699.jpg
今まではわりとお土産物屋さん、銀行、昔ながらのBAR,という様に「観光客」寄りの広場構成でしたがここ最近は事情が変わりつつあるようです。

「開発」と言ってもここはやはり世界遺産指定地区なので外観の大規模な開発、改装工事はもちろんできません。
でもこの何年かでブティック、GUCCI美術館等の出店が続き広場付近全体の雰囲気が変わってきました。


まずは何と言ってもCHANEL。

b0302939_20091464.jpg
お店の前には今でも広場の案内板があって観光客の方が写真を撮ったりしたりしますがそれでもCHANELの出店はこの広場の雰囲気をガラリと変えました。

そして去年オープンしたGUCCIカフェを併設するGUCCI美術館。

b0302939_19572182.jpg
美術館を堪能するだけでなく気軽にBAR施設もご利用いただけます。
プレゼントやご自分用にGUCCIマークのシュガーやGUCCI美術館限定グッズをお買い物求めいただく事もできますし空調完備でゆっくり過ごせるフィレンツェ中心街でもお奨めの場所です。

そして昨年末に移転オープンしたばかりのFURLA。

b0302939_20280939.jpg
正確に言うと広場内ではありませんが広場へ入る一歩すぐ手前に出店です。
関係者の話によるとCHANELを意識してより近くへ移転を決めたとの事・・・。
店内も今までよりも広い面積を有し、ゆったりショッピングができる配置になっているそうです。

そしてFURLAの斜め向かいでCHANELの隣にはFOSSILが出店、そして今月末までには広場内にBraccialiniも移転してくるなど、ますますブランドショップが集まってきている状況です。

そして何よりも広場内にある建物の所有者が現在「住居用の建物」であるその中の家を売るか、または市役所の許可を取ってホテルなどの宿泊施設にして収益を得たいという話もあるそうで、こういう歴史的建物の維持費を継続的に確保するのは大変なんだそうです。
それでもはやりこういう場所での宿泊施設の為の許可を取るというのは難しいらしく簡単にはいかないそうです。
でももし何年か先に本当に現実化したらイタリアブランドのデザイナーズホテルや世界の高級ホテル等が名乗りを上げてますますシニョーリア広場高級化が促進されるかもしれません。

いいか悪いかは別として今後どう変化していくのかが楽しみですね。


ブログランキングに参加中です。  
↓にワンクリックで応援をお願いします!
海外ニュース ブログランキングへ
*********************







 



[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-02-02 20:59 | イタリアのニュース

フィレンツェで秋のある満月の夜の出来事・・・

今日は少し物語り形式でフィレンツェのヴェッキオ宮殿での

ある夜の事をご紹介させていただきます。


ある満月の夜・・・

シニョーリア広場
b0302939_01511446.jpg


礼装の紳士淑女が集いあい・・・

ヴェッキオ宮殿前
b0302939_01520550.jpg

500人の広間(サローネ・デル・チンクエチェント)にて

貴重な一時を過ごしました・・・

サローネ・デル・チンクエチェントの広間前 
b0302939_01485111.jpg

ヴァザーリの巨大な壁画やミケランジェロの彫刻がある

この歴史的にも重要な広間で

まずはアペリティーボ(aperitivo)がふるまわれ・・・


500人の広間とヴァザーリの壁画
b0302939_01491690.jpg


バンビーネ(bambine 少女達)によるダンスなどが紹介され・・・

少女達によるダンスショー

b0302939_01481498.jpg


そしてその後に優雅な晩餐が・・・


芸術に囲まれながらの食事

b0302939_01482790.jpg



偉大な芸術作品にかこまれての夕食会は夜遅くまで続きました・・・


お・し・ま・い

~♪FINE♪~

010.gifいかがでしたか?049.gif

特別なロマンティックな夜の気分を味わっていただけたでしょうか?

さて、夕食会が行われたヴェッキオ宮殿ですが、
(現在フィレンツェ市役所として利用)
フィレンツェの歴史にとって、非常に重要な場所であります。
さらに五百人の間にはヴァザーリの壁画があり、さらにその奥に、
あのレオナルド・ダ・ヴィンチの未完で終わった
「アンギアーリの戦い」の壁画が隠れているといわれる場所です。

最近のフィレンツェ市はこういった特別に重要な芸術作品のある場所で
夕食会などなにかのイベントなどに使用許可を出すようになったようです。

それについては、賛否両論があり、
ある人は「重要な芸術作品がある場所で飲食を許可するなんて甚だしい!
せっかくの貴重な芸術「アルテ(arte)」に万が一被害が出たらどうするんだ!」
と思っている人もいるようです。


フィレンツェ市民にとってこれらの芸術作品は先祖から残された偉大な遺産であり、
世界に誇る、他に類を見ない素晴らしい作品であるので、
反対派の意見ももっともだと思います。

とはいえ、こういった場所で、談話しながら食事をできる、というのも
まさに夢のような貴重な体験だといえるでしょう。

本当に、ルネッサンス芸術の発祥の地であるフィレンツェならではの話題ですね!


b0302939_04424519.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-11-16 12:08 | イタリアのニュース

またまたストライキ!!

10月18日(金)久しぶりに国内の公共交通機関の大規模なストライキが行われました。
FIRENZEだけでなくMILANOやROMAの大都市は大概対象になったようです。
どの都市でも中心街に仕事や学校に通ってる人にとっては一大事なのです。

FIRENZEでも朝9時15分~午後まで、午後一時復活してまた15時半か16時頃から終日バスと電車が対象となりました。

でもここ最近のFIRENZEは自転車競技やマラソン等での交通規制によってバスは大きくダイア変更があったのでバスの利用者はちょっと「またか~」的な慣れがあって結構大丈夫だったかもしれませんね★

b0302939_6244464.jpg


街中のバス停にはこのような張り紙が。
お知らせは午後12時半までとなっていますが、その後夕方くらいから終日一部の路線を除いては殆どバスはありませんでした・・・。

b0302939_6271511.jpg


バス停はこんな感じです。

交通機関の機能性や運転手のモラル(?)のレベルは日本とはかなりのギャップがあるイタリアですが、それでもストライキをして賃金UPや待遇改善などを要求するのでしょうかね~~~その前にもうちょっとだけでも労働態度を改めてほしい所です。
日本ではびっくりするような事が普通に起こるイタリアの公共交通機関。

でもそれでも一応このシステムでも何とかまわっているし、まあこんなもんでしょ、と思い過ごすことにしましょ!
とりあえずはストライキの日でも無事に通勤、通学、そして帰宅することが先決ですし!

慣れるが勝ち!!!
ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


海外ニュース ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-10-19 23:51 | イタリアのニュース

Firenzeマラソン★CORRI LA VITA★

先月末辺りにようやく10日間にわたる交通規制(自転車競技世界大会の為)が終わった~~~!!

と、思ったら今日は朝からFIRENZEのマラソン大会が朝9時半から行われました。
その影響で午前中FIRENZE市内はバスや乗用車の交通規制があり、日曜日と言っても中心街で働く人達は家から少し早目に出るなどして乗り切ったそうです。


朝9時半にDUOMO広場からスタートして市街をぐるっとまわってゴールはシニョーリア広場まで。

b0302939_6542192.jpg


長距離コース、短距離コース、徒歩コースと年齢や自分の能力によってコースを選んでエントリーするそうです。
子供もたくさん来ていました♪

参加者はエントリーすると黄色のTシャツがもらえてみんなそれを着て参加します。
フェラガモグループがスポンサー(多分メインで)なのでTシャツの背中の部分にはばっちりフェラガモのロゴ入り。
もちろん自前のマラソンウェアで走る人もいっぱいいて、しかもそういう人たちって当然かもしれませんが走るのすっごい早いです!!

沿道から見てるとプロのランナーが颯爽と走るかのようで素敵でした★

ここ数年毎年行われるこのマラソンイベント。

来年のこの季節もまたきっと開催されるでしょうね。
バスや交通機関は一時不便かもしれませんがまあ、半日の事ですし。
このお祭りモードは中々いいと思います。
やっぱ中心街に活気が出ますね♪

来年も楽しみですね~★

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


海外ニュース ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-10-14 07:00 | イタリアのニュース

自転車競技世界大会中盤戦★

今日で4日目を迎えたレースも段々中盤戦に差し掛かってきました。

今週日曜日がファイナルなのであと少しですね。

TVのニュースでも連日報道されてて、交通規制のピークも明日を過ぎれば徐々に緩和されて行くそうです。

バスや乗用車の規制が毎朝9時から始まるので朝普段より早く家を出るのも若干慣れてきました。
やっぱりこういうのって慣れですね。


日曜日からDUOMOの周りもレースコースになってて、丁度自転車が通過する頃にその辺りを通りかかるとぐるっと遠回りしないと道を渡れないという事態が起こります!!

b0302939_5332924.jpg


そんな状況もあと4日間の辛抱です。

でも開催前に想像してたよりは交通規制によるパニック(ここはイタリアですし)等もなく、FIRENZE市民もあれこれ言いながらも結構このお祭り雰囲気を楽しんでいるのではないでしょうか。

ある程度の経済効果もあったでしょうし。

普段大きなイベントがあまりないFIRENZEにはこういうのたまにはいいかもしれません。

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-26 05:29 | イタリアのニュース

最新の記事

新しくなったフィレンツェSM..
at 2017-07-06 15:50
Firenze中心街ののショ..
at 2017-04-07 04:49
イタリア中央地震の被害でお亡..
at 2016-08-31 01:41
中心街にできた秘密(?)のBAR
at 2016-06-09 15:50
イタリアのちょっと怖いカーニ..
at 2016-02-07 08:18

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

お役立ち情報

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして!
フィレンツェで展示会
イタリア生活のエピソード
フィレンツェ観光
フィレンツェのバス・電車
イタリアのニュース
素敵なイタリア人
グルメ・ショッピング情報
観光お役立ち情報
イタリアでの婚姻手続き
ファッション・モーダ
イベント
ご挨拶
フィレンツェ近郊アウトレット
未分類

フォロー中のブログ

お茶の時間にしましょうか...
花と風景 Photo blog
花が教えてくれたこと
小さな森の写真館 (a ...
dezire_photo...
Green+Pink
カザルパロッコのネコ(C...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
BAYSWATER
Happy moment
人生とは ?
気ままな食いしん坊日記2
陶房弥栄より
YUKA’sレシピ♪
a cozy littl...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
hhh
kotorishu* (...
カザルパロッコのネコ
La rose 薔薇の庭

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

検索

ブログパーツ

タグ

(100)
(96)
(51)
(35)
(35)
(30)
(18)
(16)
(13)
(12)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)

ファン

最新のトラックバック

ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..

外部リンク

その他のジャンル