フィレンツェ在住日本人達によるフィレンツェを中心とするイタリア情報ブログです。観光、グルメ、ショップ情報、イヴェントなどの役立つ情報や、現地での何気ない生活エピソードを紹介させていただきます。


by フィレンツェ目安箱

プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

パラッツォ・デッリ・アレッサンドリとミミ・フラハのアトリエ-文化・芸術のサロンについて

前回の記事 (こちら↓)
芸術の都フィレンツェでアットホームな手作り展示会を開いてみませんか?に続く記事です。


ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura "
がある


パラッツォ・デッリ・アレッサンドリ Palazzo degli Alessandriは

14世紀初期にアレッサンドリ家により建てられた中世の歴史的建造物です。

アレッサンドリ家は、フィレンツェで有名な

アルビツィ家からの流れを汲むファミリーであり、

又、アルビツィ家はフィレンツェの羊毛を扱う裕福な大商人で、

フィレンツェの歴史の中でゴンファロニエレ

(市政の第一人者、今で言う市長のような存在)を

何度も輩出したことのある名家であります。


この建物がある場所は

フィレンツェのドゥオーモやウッフィツィ、ベッキオ宮殿、レプブリカ広場などの

フィレンツェが世界に誇る歴史的建造物からどれも徒歩5分ほどで行き来できる、

大変便利な位置にあり、

また、そのポジションからいかに歴史に深く関わりのある場所であった事を

想像していただけるのではないかと思います。



現在このパラッツォ・デッリ・アレッサンドリの近辺は観光客や地元の人間の

行き交う賑やかで活気のある通りで、

一部は商業用に利用され、私たちが紹介させていただいてる

このミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロンも、その中の一つです。


天井の高さ、7m以上

部屋の広さは 50平方メートル

b0302939_627414.jpg

昔の建物ならではの高い天井で、ゆとりのある間取りです。

このスペースを利用して、既に若いイタリア人アーティストの芸術作品の展示会、

また歌や楽器などのミニコンサート、本の発表会などが行われました。


b0302939_6284330.jpg


展示場はお店のスペースの一部なので、お店のオーナーであるミシェルさんの

営業時間と同様の時間帯のご利用となります。

営業時間についてとコンタクトはこちらまで ↓
http://www.mimifuraha.it/contatti/

ミミ・フラハの公式サイト
 
http://www.mimifuraha.it/


ミミ・フラハのアトリエのある建物の外観とアクセス←についてはこちらをクリック
*こちらのパラッツォ内は歴史的建造物保護の為、
展示品の照明・展示目的などで壁や天井に穴を開けることは出来ません。
大変ご不便をおかけしますが、どうか理解をお願いいたします。


ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-30 06:58 | フィレンツェで展示会

ちょっと一息つける場所①

今日はFIRENZEの中心街にあるブランド通りの一角で、素敵な教会を向かいにちょっとリラックスできる場所をご紹介します。

場所はFIRENZEのトルナブオーニ通りにあるエルメスのショップの隣にある建物なのですが、石造りの建物で少し座れる位のスペースが外に張り出してる形になっているので、観光客やその付近で働いてる人が休憩中に座って本を読んだりスマホを見たり・・っていう姿も見かけます。

この場所で座りながらふとななめ向かいを見ると少し高い位置に教会があって、ぼーーーっ眺めるだけでも何だかその重厚な雰囲気に引き込まれそうになります★

b0302939_511312.jpg


特に夕暮れ時に行くとすごく神秘的な雰囲気が漂ってておススメです♪

ちょっと疲れて座りたいとき、ちょっとぼーっとして心を休ませたいとき、是非!!
ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-30 05:05 | イタリア生活のエピソード

芸術の都フィレンツェでアットホームな手作り展示会を開いてみませんか?

ルネッサンス発祥の地、芸術の都フィレンツェの中心街の、

ミミ・フラハの"アトリエ-文化・芸術のサロン
" Mimi Furaha, l’atelier-salotto della cultura "
で、


あなただけの手作りの展示会や発表会をしませんか?

b0302939_6231785.jpg

展示場はパラッツォ・デッリ・アレッサンドリ (palazzo degli Alessandri)という


フィレンツェの由緒ある歴史的建造物の一つで、そのパラッツォ内の一角の


50平方メートル (天井も高さ7M以上)というゆったりとした空間で行われます。


b0302939_7125645.jpg

こちらのパラッツォはフィレンツェの中心街に位置し、


フィレンツェの花の大聖堂(ドゥオーモ)サンタ・マリア・デル・フィオーレや、


共和国広場(レプブリカ広場)、


ヴェッキオ宮殿・ウッフィッツィ美術館などの観光の中心になる各場所から


どこも大体徒歩で5分位でいける距離の便利なところにあり、


観光客はもちろん、フィレンツェ市に住む沢山の人々が行き交う


「地元のショッピング街」で、市内の重要な通りに面しています。



現在はこの歴史的パラッツォの一部が店舗として使用されていて、


その店舗の一角が展示会の会場となります。


展示会場のオーナーはミカエラ・ブリキエーリ・コロンビさん。


女性用の洋品店を経営する傍ら、若く希望のあるアーティストを応援し、


店内の空きスペースを開放しています。


彼女自身も様々な文化に興味があり、


洋風文化、日本・東洋文化と限定する事なく、新しい事や伝統的な事も、


ここルネッサンスの発祥の地、芸術の都フィレンツェで


地元の人間はもちろん、多くの観光客の方々にも紹介する事に積極的です。




今までの利用例

b0302939_4462311.jpg

絵画・彫刻,アクセサリーなどのアーティストの展示会

b0302939_4454744.jpg

本の発表会

b0302939_6182748.jpg

音楽のミニコンサート

などなど

(過去記事での具体例はこちらをクリック

 
・ プーリア出身のデザイナーのミニ展示会が行われました!
 
・ "RiFili-リフィーリ" 廃棄物を利用して「災害を表現したアート」


皆さんのアイデアしだいで、まだまだ他にもスペースを上手に活用する

沢山の可能性があります!

コンタクトはこちらまで ↓
http://www.mimifuraha.it/contatti/

お店の公式サイト
 
http://www.mimifuraha.it/




展示会についてもう少し詳しくこちらの記事で紹介します!(クリック)

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-29 07:38 | フィレンツェで展示会

自転車競技世界大会中盤戦★

今日で4日目を迎えたレースも段々中盤戦に差し掛かってきました。

今週日曜日がファイナルなのであと少しですね。

TVのニュースでも連日報道されてて、交通規制のピークも明日を過ぎれば徐々に緩和されて行くそうです。

バスや乗用車の規制が毎朝9時から始まるので朝普段より早く家を出るのも若干慣れてきました。
やっぱりこういうのって慣れですね。


日曜日からDUOMOの周りもレースコースになってて、丁度自転車が通過する頃にその辺りを通りかかるとぐるっと遠回りしないと道を渡れないという事態が起こります!!

b0302939_5332924.jpg


そんな状況もあと4日間の辛抱です。

でも開催前に想像してたよりは交通規制によるパニック(ここはイタリアですし)等もなく、FIRENZE市民もあれこれ言いながらも結構このお祭り雰囲気を楽しんでいるのではないでしょうか。

ある程度の経済効果もあったでしょうし。

普段大きなイベントがあまりないFIRENZEにはこういうのたまにはいいかもしれません。

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-26 05:29 | イタリアのニュース

本場のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナが食べられる有名店

前回の記事に続き、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナの話題です。

今回は本場のフィレンツェ風ステーキが食べられる有名店の一つ

ペルセウス「PERSEUS」を紹介。

b0302939_761537.jpg

店内は少し暗めの、やや大衆向けの作りですが、

カジュアルな服を着た若者から、スーツを着た年配のシニョーレのちらほらいるグループも来るお店です。

b0302939_764152.jpg

お店の方が焼きあがったお肉を一生懸命きっている様子。

b0302939_772096.jpg

ビステッカがメインのお店ですが、アンティパストもなかなか美味しかったです。
(写真を撮る前に先に食べてしまったのでちょっと寂しいお皿ですが・・・・)

ペコリーノチーズとエトゥルリア風ソースという前菜で

蜂蜜や浅葱、ハーブ、松の実がペコリーノの上に掛かっていて、

絶妙な組み合わせでした。

中心街のちょっと外に出た場所で、歩くと30分くらいかかるかもしれませんので、

タクシーをちょこっと使わないといけない場所なのですが、

本場のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを食べられるお店です!


住所は   リベルタ広場の近くのドン・ミンゾーニ通り10番
Viale Don Minzoni, 10, 50014 Firenze, Italia



電話番号  055-588226  (予約をお勧めします) 

map

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-25 21:41 | グルメ・ショッピング情報

フィレンツェといえば、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

フィレンツェといえば、皆さんに浮かぶイメージは、

やはりルネッサンス芸術とかウッフィッツィ美術館、ではないでしょうか?


それでは、フィレンツェの名物の食べ物は?というと

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ Bistecca alla Fiorentina なんですが、



b0302939_742258.jpg




今日は地元の人が連想する

本物のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)

を御紹介します。


何故「本物の」という言葉をわざわざつけたかというと、

フィレンツェといえど普通のビステッカを出すところもあるので、ご注意を!



本物のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナといえば、

フィレンツェ近郊の高級キアナ牛を

贅沢に指3~4本重ねた厚さ(4~5cm)に切った骨付き肉で

非常に豪快で贅沢なステーキなのです。

贅沢な肉が、ば~んと出されるので圧倒されますが、

(特にこげている部分などは)自分でナイフで切って

基本的に美味しい部分だけを食べる、という感じですので

食べきれなくても問題はありません。


もちろん、きちんと最後までぺろりと食べられる方もいますが、

イタリア人の肉を食べる量は日本人に比べて多いので、



例えば4人で食べに行った場合は3人分のお肉を頼む、

という感じで調整するといいかもしれませんね。

(オーダーの際に最低●●gからという決まりがあります。

店によって違いますが大体800g位からが目安です)



肉の焼き加減は基本はいわゆる「レア」(アル・サングエ)、

お店によっては「焼き方は指定できません」というところもあるようです。

本物のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを提供する店は

もちろん本場のこだわりとしての、やり方があるのかもしれませんね。


塩コショウ、一筋のオリーヴオイルをかけただけの

いたってシンプルな味付けで食べる高級キアナ牛、


是非フィレンツェにいらっしゃいましたら、お試しあれ!


地元の赤ワイン、キャンティ・クラシコもご一緒にどうぞ!




これはおまけのエピソードになりますが、


一時期、狂牛病のため2006年まで骨付き肉が禁止されていたのですが

騒動が治まって、それが解禁された時のフィンレツェ人の喜びといったら!

フィレンツェ人はやっぱりビステッカ・アッラ・フィオレンティーナが好きなんだな、

とわかった出来事でした。



次の記事 ではフィレンツェ市内のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナの名店を紹介します。

お楽しみに!
ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-24 19:14 | グルメ・ショッピング情報

自転車競技世界大会初日★

いよいよ今日は大会初日、朝から交通規制&警備の警察が各広場に常駐して何やら町全体的にイベントの気配が充満しています。

中心街で働く人たちはみんな朝早く起きて9時までに職場付近には到着するというちょっと厳しい状況があと1週間続きます・・・。
中には朝8時に家を出て歩いて出勤した人もいました。

しかも毎日自転車競技のコースに合わせて交通規制が変わるのでかなり注意が必要です。

b0302939_5354947.jpg


写真は今朝9時のDUOMO前。
既にコースが出来上がって準備万端です。

b0302939_5381860.jpg


このような交通規制の看板が街の至る所に設置されています。

明日は日曜日。
ただでさえバスの本数が少ない上にこの状況ですので移動には注意が必要ですね。

この交通規制、あと1週間の辛抱です★
ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-22 05:44 | イタリアのニュース

中世の町並みが残るフィレンツェ

今日は少しだけ小話を。


中世の町並みがそのまま残っているフィレンツェですが、


今でも400年500年前に建てられたアパートに普通に人が住んでいます。


木造の建物が多く、地震の多い日本では100年前の建物でも、「凄い!」


という話になりますが、こういった話はイタリアの他の街でも普通なのです。



特に、フィレンツェは中心街全体がそうなので、規模が大きいかもしれません。


大昔に建てられた古いアパートは、外見はそのまま残っていますが、もちろん


内装だけや色々な設備をつけたして現代の暮らしにあうように変えています。




中世の建物の多くがスペースが広く、天井も非常に高かったので


新しく壁を付け足したり(時には邪魔な壁を壊したり)する事によって


部屋数を増やす為に間取りを変えたり、ロフトを作ることもあります。


一時のマイホームブームで家が飛ぶ勢いで売れていた頃は、


お金に余裕のある人などは投資目的で広い家を一軒購入し、


スペースをうまく活用し分譲する事によって稼いでいた人も。


b0302939_8302029.jpg


まだ私達がフィレンツェで生活を始めたばかりの頃は、


一部屋が広く天井も高い家も学生用アパートの賃貸でも沢山ありましたが、


当時「日本って家が狭いんでしょう?」というような事を


時々イタリア人から言われた事があったのですが時代も変わり、


今現在は、イタリアの「標準的な一般家庭」の家も以前と比べて随分狭くなり、


世界でウサギ小屋と揶揄された小さい日本の家屋と


あまり広さは変わらなくなったと感じます。

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-21 00:00 | イタリア生活のエピソード

世界自転車競技について★

来週9月22日から始まる世界自転車競技トスカーナ2013。

これに向けて明後日の土曜日からFIRENZE市内では大規模な交通規制が敷かれます。

b0302939_6364143.jpg


中心街や市内一部地域へののバス、トラム、自動車の侵入は禁止となり(うわさではタクシーも侵入禁止なんだとか)入れるのは緊急車両のみ。

通勤、通学、通院、あらゆる動きに制約がかかります。

しかも問題は市役所やバス会社のウェブサイトの説明がいまいち曖昧ではっきりとした情報がつかめません。

さらに今朝バスの運転手にそのあたりの事を聞いてみましたが混乱を避けるために(本当かどうかは定かではありませんが一応こういう理由での対応、ということで)運転手からの返答は全て「市役所、またはataf(バス会社)のサイトをご覧ください」で統一です。

どこの誰に聞けば正しい情報が得られるのか。

朝出勤の際は何時にどこからバスがでて中心街のどこまでなら行けるのか。

もう明後日からの事だというのにいまだに詳細わかりません・・・。

市内にはこのような規制の看板がよく見かけられます。

b0302939_6463724.jpg


果たして一体どうなるのでしょう・・・。

FIRENZE在住者ももちろんですが観光客にも影響がでると思われます。

でも世界中から報道陣や競技参加選手、スタッフ、観客がFIRENZEに集まるのでホテルやレストランは盛況するのでは。。という話ですが、私立学校やショッピング街にはどう影響するのか。

「吉!」と出るのを祈るばかりです!!
ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-20 06:55 | イタリアのニュース

イタリアからはじめまして!

本日は、数あるフィレンツェブログの中から「フィレンツェ目安箱」に

訪問していただき、有難うございます。


当ブログはフィレンツェ在住日本人による、日本にいらっしゃる皆様の為の、


観光や、ビジネスに役立つような、フィレンツェを中心とするイタリア各地の


情報ブログです。
b0302939_827422.jpg


メイン・レアな観光情報、素敵なお店・レストラン、現地のイヴェント情報や、


またフィレンツェでの日常生活のエピソードなどをまじえて現地からならではの


興味深い情報をここルネッサンス文化発祥の地、フィレンツェからお届けします。


どうぞ、ご期待ください!


皆様からの沢山のアクセスをお待ちしております。



2013年9月18日  花の都フィレンツェにて フィレンツェ目安箱

ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!


イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-09-18 21:52 | はじめまして!

最新の記事

冬時間になりました。
at 2017-10-30 08:16
新しくなったフィレンツェSM..
at 2017-07-06 15:50
Firenze中心街のショッ..
at 2017-04-07 04:49
イタリア中央地震の被害でお亡..
at 2016-08-31 01:41
中心街にできた秘密(?)のBAR
at 2016-06-09 15:50

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

お役立ち情報

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして!
フィレンツェで展示会
イタリア生活のエピソード
フィレンツェ観光
フィレンツェのバス・電車
イタリアのニュース
素敵なイタリア人
グルメ・ショッピング情報
観光お役立ち情報
イタリアでの婚姻手続き
ファッション・モーダ
イベント
ご挨拶
フィレンツェ近郊アウトレット
未分類

フォロー中のブログ

お茶の時間にしましょうか...
花と風景 Photo blog
花が教えてくれたこと
小さな森の写真館 (a ...
dezire_photo...
Green+Pink
カザルパロッコのネコ(C...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
BAYSWATER
Happy moment
人生とは ?
気ままな食いしん坊日記2
陶房弥栄より
YUKA’sレシピ♪
a cozy littl...
フェルタート™・オフフー...
hhh
kotorishu* (...
カザルパロッコのネコ
La rose 薔薇の庭

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

検索

ブログパーツ

タグ

(100)
(97)
(52)
(35)
(35)
(30)
(18)
(16)
(13)
(12)
(9)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)

ファン

最新のトラックバック

ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..

外部リンク

その他のジャンル