フィレンツェ在住日本人達によるフィレンツェを中心とするイタリア情報ブログです。観光、グルメ、ショップ情報、イヴェントなどの役立つ情報や、現地での何気ない生活エピソードを紹介させていただきます。


by フィレンツェ目安箱

プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ショップ ( 30 ) タグの人気記事

Firenze中心街のショッピング事情

今年に入ってフィレンツェ中心街は色んな場所でテナントの改装工事が行われています。

ただでさえ入れ替わりの早い最近の中心街のショップの中でも今は本当に出店ラッシュです。

レプブリカ広場に面した一角に去年マイケル・コースがオープンして「アメリカンブランドはどうなんだろうね〜」と言っていたら今年に入って今度はすぐお隣に同じくアメリカのブランドコーチがオープンしました。

b0302939_14525707.jpg

更に同じくレプブリカ広場周辺にモンクレール、ステラマッカートニーが出店の為工事中で更にブランド街のトルナブオーニ通りではサンローランのお店がオープンするそうです。

逆に閉店してしまったお店もあります。
地元の人にも観光客にも人気だったマカロンのお店ラドゥレがまさかの閉店です。

b0302939_14532783.jpg

華やかな中心街もやっぱりここ最近の観光客の減少や不況でどんどん新しいお店ができてはなくなって行きます。
資本の強い有名ブランドが出店や閉店は日常茶飯事ですが、昔からのフィレンツェの老舗のお店や小規模でも歴史のある工房やお店が閉まるのは本当に残念です。
しっかりとした価値観をもつ消費者が増えることを願うばかりです。




ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!


[PR]
by firenzemeyasubako | 2017-04-07 04:49 | ファッション・モーダ

「サンタ マリア ノヴェッラ薬局」のお茶とSMN薬局の庭園

11月になり、フィレンツェの街中でもほんのりとした

紅葉が見られる本格的な秋の景色になりました。

日の暮れる時間もとても早くなったため、必然的に

家で過ごすほうが増え、家に閉じこもってしまいがちですが

そんな時にはちょっと華やかなティータイム。


今ではもう世界中で有名になったフィレンツェの

伝統あるサンタマリアノヴェッラ薬局で

素敵なお茶を見かけたのでほんの少しだけ贅沢だけど試しに買ってみた

バラの香りのお茶 テ・アッラ・ローザ 

わくわくしながらパッケージを開けて早速味わってみることにしました。

b0302939_06430746.jpg
Te Alla Rosa


店員の方の説明によると

「このお茶はバラの特殊な香りがあるため

人によっては好き嫌いあるかもしれません」

ということでしたが、実際に家で試しに飲んでみたところ

お茶に乾燥した本物のバラの花が入っていて、

香りはさほどきつくなく程よい感じ、

パッと華やぐ雰囲気があるので

女子会などに相応しいお茶ではないかと思いました。



ちなみに、サンタマリアノベッラ薬局で販売されている

お茶にはいろんな種類がありそれらのお茶類

(茶・インフーゾ・ティザーネ(ハーブティー))に入っている花等は

全て食することが可能だそうです。


060.gif056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif060.gif


このサンタマリアノヴェッラ薬局には

フィレンツェ郊外に直属のハーブや花等を栽培する庭園があり、

15.000 平方という広さのまさに天国のような庭園は

メディチ家のヴィラ・ぺトライアという別荘のすぐ下に位置し、

毎週水曜日の午後に限り見学可能(要予約)です。

見学の際には事前に電話 +39 (0)55 4368315 か

又は公式サイトに書いてあるメールなどの連絡先で予約が必要です。


サンタマリアノヴェッラ薬局直属の庭園 の住所

Il Giardino di Santa Maria Novella, Via della Petraia 38/F - Firenze


サンタマリアノヴェッラ薬局HP 

見学の際の予約のためのメールでのコンタクト先はこちらから

058.gif情報は2015年秋現在です。変更も十分考えられますので

各自直前にHP等で確認をしてください。058.gif




ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-11-09 07:42 | 観光お役立ち情報

フィレンツェ発の自然派フレグランス!ドットール・ヴラニエス

いよいよ、10月になりました。

折角過ごしやすい季節のはずなのにフィレンツェでは

曇り空と強い風の日が続きまるで

もうすぐ冬が訪れるのかな、と感じさせられる日々です。


でも、こんな日は暖かい場所で温かい飲み物を頂きながら

甘ーいマロングラッセを・・・

なんてアイデアが出てきてしまいます。012.gif


やはり、その季節に相応しい楽しみ方が色々あるので、それに従い、

近いうちにフィレンツェ市内の老舗のカフェで食べようとおもいます。053.gif

マロングラッセについての過去記事もどうぞ!

旬のスイーツで美味しいひととき★カフェサロンRivoire





話題は変わりまして、フィレンツェ発祥の自然派ルームフレグランスで有名な

コスメティックブランド、

“Dr. Vranjes(ドットール・ヴラニエス)”の紹介です。
b0302939_21011634.jpg

ドットール・ヴラニエスでは自然の恵みから一つ一つをすべて手作業で

作られたルームフレグランスを販売しています。


天然素材、全て手作りというのもあり、

お値段もそれ相応の為、

やはり顧客層は経済的に余裕のあるシニョーラ(奥様)風の方が多く、


私の場合ですと他の友人と共同で、友人の誕生日などお祝いに送る

贈答品として利用することがあるくらいです。




使い方はフレグランスが下の画像のようなボトルに

入れられているのでふたを開けて、

購入の際一緒についてくる細い棒をボトルの中に直接立てて、

そのボトルをお客様をお迎えする玄関や広間、

またはプライベートでももっとも大事な空間である寝室など

各自で好きな、又は必要な場所に飾ります。

しばらくするとフレグランスが棒を伝って部屋中に程よい香りが広がります。

b0302939_21010024.jpg

キツイ香水のイメージとか、匂いをごまかすための化学物質で作られた

芳香剤等とは全く異なり

ドットール・ヴラニエスは天然素材を使い、手作業で作られているため、

どの香りも非常に優しくて品のある香りばかり。

大事にしたい空間を優雅で優しい雰囲気を演出してくれるアイテムです。


ご興味ある方は是非フィレンツェ発自然派フレグランスの

ドットール・ヴラニエスを是非お試しください。



フィレンツェには中心街にお店が3軒あり、

どれもドゥオーモから徒歩でいける範囲です。


Dr. Vranjes

Via della Spada 9/R
50123 Firenze
Tel. +39 055 288796

Via della Spada 9/R
50123 Firenze
Tel. +39 055 288796

Borgo La Croce 44 R
50121 Firenze
Tel. +39 055 241748
Fax +39 055 241748



HP http://drvranjes.it/it


008.gifただし、香水やリキッド類は002.gif

イタリアで買っても飛行機に乗る際、持ち運べる制限があります。

場合によっては日本に持ち帰るのは難しい可能性もありますので

その場合はネットで買うか、

もしくは日本でも直営店、販売店がいくつかあり、

026.gif日本でも入手可能です。019.gif

[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-10-03 11:57 | グルメ・ショッピング情報

今朝の共和国広場で一体何が!!??

今朝10時前のフィレンツェ中心街にある共和国広場、何やら人がたくさんいてザワザワしています。
一体何があるのでしょう???

実は今日フィレンツェ中心街に初めてのアップルストアがオープンしました。
フィレンツェ郊外にある大型ショッピングセンター内には1店舗あるのですが中心街のしかも大聖堂と隣り合うフィレンツェでもメインの広場にドーンとアップルストアがオープンすると言うことで朝から長蛇の列でセキュリティーの人や取材陣でいっぱいでした。


b0302939_04405112.jpg



世界遺産がゴロゴロあるフィレンツェ中心街は中世の街の景観を守るために厳しい建築基準があって新しいテナントが出るときはいつも大変らしいのですがこのアップルストア、なんとなくしっとりその場に馴染んでるようにも見えます。
まあ、もともと派手な内装ではない店構えですのでシンプルに広場の回廊にも馴染むのかもしれません。
今後たくさんのアップルファンが訪れる事でしょう。

観光客だけでなく、地元に住む人達も列をなして開店時間を待っていました。

開店の瞬間には拍手が沸き起こってテンションも上がります!!

b0302939_04414566.jpg


フィレンツェもドンドン新しいテナントが進出する今日この頃、今後の発展が楽しみです!





ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!





[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-09-27 04:44 | イタリア生活のエピソード

「チェーザレ・マンネッリ」より夏を涼しく演出するジュエリー

6月も後半に入りそろそろ日本の夏も本格的になる時期ですが

皆様は、いかがお過ごしでしょうか?


今回はフィレンツェの老舗の宝石店 

「チェーザレ・マンネッリ Cesare Mannelli」の

暑い夏を爽やかに演出してくれる素敵なジュエリーの紹介です。

b0302939_08393682.jpg

058.gifチェーザレ・マンネッリについてはコチラ058.gif

老舗の宝石店「チェーザレ・マンネッリ Cesare Mannelli」

b0302939_08393156.jpg

夏はやっぱり涼しげなライトグリーンや優しいベージュ色

b0302939_08394784.jpg

氷のような雰囲気を彷彿とさせるこんな組み合わせも素敵ですね。

b0302939_08394064.jpg

こういった透明感のある水色のアクセサリーならば、

夏の装いにふさわしい定番の色の白とも

ベーシックな色の黒や茶色のお洋服と簡単にあわせても

季節にふさわしい夏のオシャレを楽しむことができそう!

それに見た目だけでなく天然の石を使用しているので、

実際お肌につける時ひんやりとして気持ちがいいです。053.gif


これらのアクセサリー類は洋服の素材や合わせる色を変えて

お洋服を上手に組み合わせられれば

夏に限らず、もちろん秋冬にも使うことが可能ですので

幅広く長く愛用することができます。


おしゃれ上手なイタリア人のオシャレのコツは

色・素材などの組わせが基本で、季節感をとても大事にすること、

それにさりげなく流行を加えること。

そして、ベーシックなアクセサリーをいくつか常備していて、

日々の装いにふさわしいものを選びます。

そんなアクセサリーがこちら「チェザレ・マンネッリ」で手に入ります。

フィレンツェに来たら是非立ち寄っていただきたいお勧めのお店の一つです。


ジュエリーショップ・チェーザレ・マンネッリ
テルメ通り14番のD
50123 フィレンツェ イタリア
TEL: 055-213759


Gioielleria Cesare Mannelli
via delle Terme ,14D
50123 Firenze Italy


営業時間 10:00~19:00
(13時~14時はお昼休)
休業日 日曜、月曜 (夏季のみ 土日休業)


http://www.cesaremannelli.com/


ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ



[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-06-18 15:35 | グルメ・ショッピング情報

本屋 RED でカフェ・アペリティーボ

以前「開店前」に当ブログでも紹介した

フィレンツェの共和国広場にあるアーケード内の本屋さん、「RED」。

大型の本屋さんですが、カフェもあるので

フィレンツェ市民や観光客の憩いの場所・待ち合わせ場所として

使用しても最適です。

b0302939_04394372.jpg

奥のレジで各自注文して料金を払い

飲み物を受け取って空いてる席に座ります。

カフェだけを飲む人、スィーツを食べる人、

アペリティーボ(食前酒)とつまみを頼む人、

それぞれ好きなものを飲食できるのがとっても魅力的。

特にアペリティーボのセットはお得で

まな板のような木のプレートにのっている

おつまみセットは飲み物(アルコール・ノンアルコール)を選べて

10ユーロ位でした。

b0302939_04393989.jpg
セルフサービス形式ですのでお値段がリーズナブル、

長時間いても気兼ねなく

まるで日本にいるような感覚で過ごせる場所なのがとても心地よいです。

Feltrinelli RED
住所 フィレンツェ 共和国(レプブリカ)広場 26番
月曜から日曜まで毎日9時半から23時まで営業


Piazza della Repubblica, 26 - 50123 Firenze FI
50123 Firenze

Telefono: 199.151.173

Lun-Dom: 09.30-23.00



ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-04-20 14:36 | 観光お役立ち情報

フィレンツェ近郊アウトレット「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」

フィレンツェ近郊アウトレット (通称)「バルベリーノ」は

フィレンツェ市内から高速道路を利用して20分~30分、

普通の道路を利用しても40分弱の

緑が溢れ心地よい田舎風景が広がるバルベリーノ Barberino にある

野外形式の大型アウトレット・ショッピングモールです。

b0302939_22513505.jpg
このショッピングモールはイタリア中世の町並み全体が

再現されていてその建物の中に各店舗が入っています。

また、ショッピングモール内では車が通ることもないので

お子様連れの方などには安心してショッピングを楽しめる

ゆったりとした空間で買い物には最適な場所です。

イタリアでのアウトレット・ショッピングを目的とする外国人観光客はもちろん、

週末にはイタリア人のカップルや子連れの家族が

散歩がてらに気軽にショッピングという感覚で沢山の人が訪れ

賑わっています。


b0302939_22514335.jpg

ショッピングモールの町の中には橋もあり、そこからの眺めも素敵でした。


b0302939_22514883.jpg


さて、気になるブランドアウトレットの店舗には、代表例を挙げると

プラダ PRADA、ドルチェ&ガッバーナ DOLCE&GABBANA、

ブルーノ・マッリ BRUNO MAGLI、ゲス GUESS

トラサルディ Trussardi、デジグアル Desigual

ラコステ Lacoste、コッチネッレCoccinelle

ボルボネーゼ Borbonese、エレナ・ミロー Elena Mirò

フラヴィオ・カステッラーニ Flavio Castellani、

バルディニーニ Baldinini

フルラ FURLA、ジェオックス Geox

ポッリーニ Pollini、スーペルガ Superga

アディダス Adidas ピューマ Puma、


等がありこの他にも沢山の店舗(合計100店舗)があり,

割引は最高70%まであります。

058.gif店舗の情報は2015年春現在のものです。
変更の可能性もありますのでご了承ください058.gif



実はフィレンツェの郊外にはバルベリーノの他にも

THE MOLL ザ・モールというトスカーナ高級アウトレットがありますが

こちらのバルベリーノの方はどちらかというと

「中の上」のブランド店がほとんどで、

お値段もザ・モールに比べてお値段も控えめです。

ここにもプラダ、ドルチェ&ガッバーナ等の超有名高級ブランドもありますが

それらを除いては、どちらかというと親しみやすい店が多いと思います。


b0302939_22513987.jpg
さて、親しみやすい、という言葉を出したばかりですが

なんとこちらには高級車のフェラーリが展示されていました。

やはり存在感はかなり強くまさに「かっこいい!」の一言でした。

b0302939_22511759.jpg

こちらはチョコレート会社のLindtのアウトレット。

沢山のチョコレートが並んでいてチョコレート好きにはたまらない空間かも?

b0302939_22512116.jpg
もうすぐパスクァ Pasqua なので店頭にはこういった

卵型のチョコレートが沢山並んでいます。

パスクァはキリスト教の復活祭(イースター祭)で連休の祝日になり

イタリアではクリスマスについでの重要な宗教祭事で、

その祭事中には家族や親戚と集い一緒に食事を取る慣わしがあるので、

その時に贈り物としてこの卵型チョコを子供に贈るのが習慣になっています。

卵の中にはオマケが入っていて、お手頃なものから少し高級な物まで

値段によって色々な差はありますが子供たちにとっては

中に何が入っているのかを見るのが楽しみなようです。

b0302939_22511279.jpg
店頭の中にはLindtのバールもあり、

そこではホット・チョコレートを楽しむイタリア人が沢山いました。

比較的年齢層の高い人が多かったのですが

ショッピングをしなくても、こういう場所に

友人とホットチョコを飲みにくる目的で来る

おばあちゃんもいるのかもしれませんね?



さて、バルベリーノ・アウトレットへのアクセス方法ですが
車で行く以外の場合はフィレンツェ中央駅 
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノベッラ駅からアウトレット直行
シャトルバス(往復料金15ユーロ)が出ています。

(注意以下は2015年4月からの時刻表です。
季節などによっては変更の可能性も十分あるので、
行く直前にサイトでチェックすることをお勧めします。)

所要時間は30分


出発場所

フィレンツェ駅前のPiazza della Stazione n.44 駅広場44番 
から
9:30発
11:30発
14:00発
16:00発

帰り

アウトレットのインフォメーション・オフィス(Ufficio Informazioni )から
13:00発
15:00発
18:00発
20:00発

搭乗券の予約の必要はなし、購入はバスに乗搭乗時に可能です。
そして当日のシャトルバス利用券所持者に対して
バルベリーノアウトレットの店舗において、アウトレット価格の
さらに10%の特別割引の権利があるうれしい特典付です。
搭乗券が15ユーロとは結構なお値段ですが、
上手に使えばさらにお得な買い物が出来ることでしょう!


Barberino Designer Outlet,
Via Meucci snc,
50031 Barberino di Mugello (FI),
Italia,
Telefono: +39 055 842161

アウトレットの営業時間
月曜 -金曜 10:00 - 20:00
土曜 - 日曜 10:00 - 21:00
祝日 10:00 - 21:00

BARBERINO DESIGNER OUTLET サイト


ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-03-31 08:29 | フィレンツェ近郊アウトレット

銀製品の会社「Panpaloni(パンパローニ)」

フィレンツェに古くからある銀製品の会社をご紹介します。

パンパローニという名前の会社でフィレンツェ中心街にショップ、フィレンツェ郊外には工場とレストラン、そして自社のワインも製造しており、レストランではそのワインが振る舞われています。

フィレンツェ中心街から車で15分くらいの所に工場を併設したレストランがあります。
1階が工場、2階がレストランという構造でまず中に入るとウエルカムドリンクとしてワインが振る舞われます。
もちろん銀製のワイングラスに注がれます。

工場や実際の製品が展示してあるのを眺めつつ2階に上がると独特な雰囲気のレストランに入ります。


b0302939_19072162.jpg


銀製の食器に囲まれてリラックスしながらお料理をいただきます。


フルコースでオーダーするとひとり40~50ユーロくらいの予算でお食事できます。
オーナー自ら注文を取りに来てくれてお料理やワインの説明をしてくれます。
なかなか気さくで冗談交じりに楽しく会話をしてくれます。

b0302939_19035933.jpg


普段なかなか使わない銀食器での食事は何だか豪華な気分になりますね。


あまり広くないレストランで席数も少ないので予約必須です。
もしよろしかったら中心街のショップものぞいてみてはいかがでしょうか。

レストラン
In fabbrica Panpaloni(イン ファブリカ パンパローニ)
住所:via del Gelsomino 99 firenze(ヴィア デル ジェルソミーノ)
TEL:347-5145468

ショップ
住所:via porta rossa 99R(ヴィア ポルタ ロッサ)
TEL:055-289094




ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!










[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-02-25 19:35 | グルメ・ショッピング情報

Ristorante Pizzeria La Piazzetta ラ・ピアッツェッタ

今日はおいしい話題です。
b0302939_05290550.jpg

フィレンツェの中心街から車でちょっとの場所にある

地元の人が通う

リストランテ・ピッツェリア「ラ・ピアッツェッタ」
Ristorante Pizzeria "La Piazzetta"


リストランテとピッツェリアが一緒になったレストランで、

扱う食材の良さ・調理に対してのこだわりはリストランテ(高級料理店)並み、

でもピッツァも食べられるという、カジュアル感のあるピッツェリアでもあり、

私達にはある意味理想的な場所です。

メニューの一部を紹介しますと
b0302939_05285942.jpg
注文してから切られたプロシュット・クルード(生ハム)


b0302939_05285531.jpg
Tagliere di Crostini misti

クロスティーニの5種類の盛り合わせは

トマトとバジリコ、
フレッシュチーズとくるみと蜂蜜、
クロスティーニ・フィオレンティーニ(レバーのペースト)等。

b0302939_05282850.jpg
こちらはビッラ・アルティジャナーレ(BIRRA ARTIGIANALE)

手工業的に作られたビールです。

b0302939_05284218.jpg
ロ・スピエド・ミスト・コン・レ・サルシーネ
Lo Spiedo Misto Con Le Salsine

こちらが今回のメイン料理!

ビステッカ、鶏肉、豚肉(スカメリータ)、サルシッチャ

(bistecca , pollo,scamerita e salsiccia )

がぶら下がった大きな串に刺され運ばれてきます。
b0302939_05283355.jpg
赤いのがバーベキューソース

緑色のが「サルサ・ベルデ(緑のソース)」で

少しづつ肉をはずして、好きなソースにつけて食べるというスタイルです。

肉の中でもやはり特別に美味しかったのがキアナ牛のビステッカでした。


ちなみにサルサ・ベルデはイタリア独特のサルサで

よく肉料理にかけて食べられます。


あと、メインを食べる前にピッツァも食べたのですが食べるのに夢中で

写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたが、

本当にどれもとても美味しかったです。



リストランテ・ピッツェリア「ラ・ピアッツェッタ」HP
Ristorante Pizzeria "La Piazzetta"
Tel. 055 6800253
Via di Ripoli, 167


ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-01-31 15:38 | 観光お役立ち情報

イタリアのハッピーアワー Aperitivo

みなさんは、イタリアのアペリティーボをご存知でしょうか?

アペリティーボといえば、一般的に言って食前酒のことですが、

遅めの夕方頃から、おおよそ夕食前の時間にかけて

バールやカフェなどで行われる「イタリア流ハッピーアワー」の意味もあります。

夕食前にアルコール飲料(ノンアルコールも有り)を飲みながら

カウンターに出されたおつまみを自分で好きにとり食べられるシステムで

友人や仕事帰りの同僚たちとわいわい話をしながら

ささっとすませ「じゃあ、また明日ね~!」と切り上げて夕食前に解散します。


b0302939_07305207.jpg

こんなカクテルを飲みながら・・・


各バール・カフェによってやっているところや、やっていないところ、

それにやり方はそれぞれ異なりますが、

ナッツ類・ポテトチップだけをつまみとして用意しているだけのところと、

(この場合は飲み物自体の値段も安い場合がほとんど)

夕食の代わりにもなるような豊富な食べ物をセルフ形式で用意している店もあり、

(用意されているつまみが立派な場合は飲み物の値段が少し高め)

その場合飲み物さえ一杯頼めば夕食ともなりうる立派な食事が食べられる

消費者にはとても嬉しいサービスです。

豪華な食事つきのアペリティーボの場合、

Aperi-cena アペリ・チェーナ(アペリティーボ・夕食)と表現される事もあります。

全てのバールやカフェではないのですが

もしイタリア旅行中でこういったアペリティーボをやっている

カフェやバールをみかけたら

現地の人と一緒にイタリア流ハッピーアワーを楽しんでみてはいかがでしょうか?



ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-12-10 14:58 | 観光お役立ち情報

最新の記事

冬時間になりました。
at 2017-10-30 08:16
新しくなったフィレンツェSM..
at 2017-07-06 15:50
Firenze中心街のショッ..
at 2017-04-07 04:49
イタリア中央地震の被害でお亡..
at 2016-08-31 01:41
中心街にできた秘密(?)のBAR
at 2016-06-09 15:50

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

お役立ち情報

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして!
フィレンツェで展示会
イタリア生活のエピソード
フィレンツェ観光
フィレンツェのバス・電車
イタリアのニュース
素敵なイタリア人
グルメ・ショッピング情報
観光お役立ち情報
イタリアでの婚姻手続き
ファッション・モーダ
イベント
ご挨拶
フィレンツェ近郊アウトレット
未分類

フォロー中のブログ

お茶の時間にしましょうか...
花と風景 Photo blog
花が教えてくれたこと
小さな森の写真館 (a ...
dezire_photo...
Green+Pink
カザルパロッコのネコ(C...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
BAYSWATER
Happy moment
人生とは ?
気ままな食いしん坊日記2
陶房弥栄より
YUKA’sレシピ♪
a cozy littl...
フェルタート™・オフフー...
hhh
kotorishu* (...
カザルパロッコのネコ
La rose 薔薇の庭

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

検索

ブログパーツ

タグ

(100)
(97)
(52)
(35)
(35)
(30)
(18)
(16)
(13)
(12)
(9)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)

ファン

最新のトラックバック

ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..

外部リンク

その他のジャンル