フィレンツェ在住日本人達によるフィレンツェを中心とするイタリア情報ブログです。観光、グルメ、ショップ情報、イヴェントなどの役立つ情報や、現地での何気ない生活エピソードを紹介させていただきます。


by フィレンツェ目安箱

プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ファッション ( 12 ) タグの人気記事

Firenze中心街のショッピング事情

今年に入ってフィレンツェ中心街は色んな場所でテナントの改装工事が行われています。

ただでさえ入れ替わりの早い最近の中心街のショップの中でも今は本当に出店ラッシュです。

レプブリカ広場に面した一角に去年マイケル・コースがオープンして「アメリカンブランドはどうなんだろうね〜」と言っていたら今年に入って今度はすぐお隣に同じくアメリカのブランドコーチがオープンしました。

b0302939_14525707.jpg

更に同じくレプブリカ広場周辺にモンクレール、ステラマッカートニーが出店の為工事中で更にブランド街のトルナブオーニ通りではサンローランのお店がオープンするそうです。

逆に閉店してしまったお店もあります。
地元の人にも観光客にも人気だったマカロンのお店ラドゥレがまさかの閉店です。

b0302939_14532783.jpg

華やかな中心街もやっぱりここ最近の観光客の減少や不況でどんどん新しいお店ができてはなくなって行きます。
資本の強い有名ブランドが出店や閉店は日常茶飯事ですが、昔からのフィレンツェの老舗のお店や小規模でも歴史のある工房やお店が閉まるのは本当に残念です。
しっかりとした価値観をもつ消費者が増えることを願うばかりです。




ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!


[PR]
by firenzemeyasubako | 2017-04-07 04:49 | ファッション・モーダ

イタリア製の靴を長持ちさせる方法

イタリア製の靴といったらやはりその美しさだけでなく、良質な革を使い、

履き心地も良いものが多く、とても長持ちするというイメージがあります。

日本ではイタリア製の靴といえ海外から輸入されたというのもあり

やはり高価で実際に私も日本に帰ったときにイタリア製の靴を見ると

高くてその値段にビックリしてしまうのですが確かにイタリアでも

有名ブランドでなくとも「イタリア製の良い靴」といえば、

やはりそれなりのお値段なので

大体バーゲンのときを狙って買うのがほとんどです。



さて、今日はイタリア人から教わった本革の靴を

出来るだけ長く長持ちさせる方法を紹介します。

イタリア製の良い靴といわれているものの多くが、

贅沢にも靴底も革でできています。

靴底までが本革で出来ている良い靴である、という証として、

贅沢にも靴底にまで革が使われていますが、

実はそのままだと滑りやすかったり、

消耗によって革がすり減ってくるので磨り減る前に、

できれば購入後すぐに靴の修理屋さん、

イタリアではCalzolaio (カルツォライオ)といいますが


b0302939_06192212.jpg
靴の修理屋さん

いわゆる靴屋さんに持って行き滑り止めのついている黒いゴムの薄い靴底を

靴のつま先にかけてから3分の一の部分(つま先から土踏まず前位まで)に

つけてもらうと靴自体が非常に長持ちするようになるだけでなく、

滑り止め効果にもなりさらにゴムの靴底がクッションの効果を果たすので

履き心地も良くなります。

靴底を付け足すと大体15ユーロ位(レートにもよりますが約2000円)と

結構高くかかるのですが、長持ちすることなどの利点を考えれば

やはりやる価値はあると思います。

あともう一つ、良い靴を長持ちさせるコツですが、

ヒールなどの痛みやすい部分は

かかとののプラスチック(またはゴム)が磨り減って

「さらに革の部分が磨り減る前に」

靴屋さんに持って行き、その部分だけを付け替えると

その分また長く使えるようになりますので

修理代がかかっても、本革の靴を長く使用できるならば

結局は節約につながりますし、お気に入りの靴を永く愛用できます。



ファッションについてはほとんど使い捨て感覚に近い近代の日本では、

あまりこういった発想はないのではないかと思いますが

イタリアでは「良いものは高い」というイメージと同時に

「それらを長く使う習慣」が今でも残っています。



イタリア製の靴はファッション性とかブランドだから

という理由だけで高いのではなく素材にもこだわり

そして長く使われることを前提に丁寧に作られているから

有名ブランドでなくともお値段もそれなりになってしまうのかもしれませんね。

上記に書いたようにきちんと予防処置やメンテナンスを続けていれば

高かった買い物も上手に元が取れるかもしれません。

ご興味のある方は是非お試しください!



ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-04-10 07:39 | ファッション・モーダ

フィレンツェ近郊アウトレット「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」

フィレンツェ近郊アウトレット (通称)「バルベリーノ」は

フィレンツェ市内から高速道路を利用して20分~30分、

普通の道路を利用しても40分弱の

緑が溢れ心地よい田舎風景が広がるバルベリーノ Barberino にある

野外形式の大型アウトレット・ショッピングモールです。

b0302939_22513505.jpg
このショッピングモールはイタリア中世の町並み全体が

再現されていてその建物の中に各店舗が入っています。

また、ショッピングモール内では車が通ることもないので

お子様連れの方などには安心してショッピングを楽しめる

ゆったりとした空間で買い物には最適な場所です。

イタリアでのアウトレット・ショッピングを目的とする外国人観光客はもちろん、

週末にはイタリア人のカップルや子連れの家族が

散歩がてらに気軽にショッピングという感覚で沢山の人が訪れ

賑わっています。


b0302939_22514335.jpg

ショッピングモールの町の中には橋もあり、そこからの眺めも素敵でした。


b0302939_22514883.jpg


さて、気になるブランドアウトレットの店舗には、代表例を挙げると

プラダ PRADA、ドルチェ&ガッバーナ DOLCE&GABBANA、

ブルーノ・マッリ BRUNO MAGLI、ゲス GUESS

トラサルディ Trussardi、デジグアル Desigual

ラコステ Lacoste、コッチネッレCoccinelle

ボルボネーゼ Borbonese、エレナ・ミロー Elena Mirò

フラヴィオ・カステッラーニ Flavio Castellani、

バルディニーニ Baldinini

フルラ FURLA、ジェオックス Geox

ポッリーニ Pollini、スーペルガ Superga

アディダス Adidas ピューマ Puma、


等がありこの他にも沢山の店舗(合計100店舗)があり,

割引は最高70%まであります。

058.gif店舗の情報は2015年春現在のものです。
変更の可能性もありますのでご了承ください058.gif



実はフィレンツェの郊外にはバルベリーノの他にも

THE MOLL ザ・モールというトスカーナ高級アウトレットがありますが

こちらのバルベリーノの方はどちらかというと

「中の上」のブランド店がほとんどで、

お値段もザ・モールに比べてお値段も控えめです。

ここにもプラダ、ドルチェ&ガッバーナ等の超有名高級ブランドもありますが

それらを除いては、どちらかというと親しみやすい店が多いと思います。


b0302939_22513987.jpg
さて、親しみやすい、という言葉を出したばかりですが

なんとこちらには高級車のフェラーリが展示されていました。

やはり存在感はかなり強くまさに「かっこいい!」の一言でした。

b0302939_22511759.jpg

こちらはチョコレート会社のLindtのアウトレット。

沢山のチョコレートが並んでいてチョコレート好きにはたまらない空間かも?

b0302939_22512116.jpg
もうすぐパスクァ Pasqua なので店頭にはこういった

卵型のチョコレートが沢山並んでいます。

パスクァはキリスト教の復活祭(イースター祭)で連休の祝日になり

イタリアではクリスマスについでの重要な宗教祭事で、

その祭事中には家族や親戚と集い一緒に食事を取る慣わしがあるので、

その時に贈り物としてこの卵型チョコを子供に贈るのが習慣になっています。

卵の中にはオマケが入っていて、お手頃なものから少し高級な物まで

値段によって色々な差はありますが子供たちにとっては

中に何が入っているのかを見るのが楽しみなようです。

b0302939_22511279.jpg
店頭の中にはLindtのバールもあり、

そこではホット・チョコレートを楽しむイタリア人が沢山いました。

比較的年齢層の高い人が多かったのですが

ショッピングをしなくても、こういう場所に

友人とホットチョコを飲みにくる目的で来る

おばあちゃんもいるのかもしれませんね?



さて、バルベリーノ・アウトレットへのアクセス方法ですが
車で行く以外の場合はフィレンツェ中央駅 
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノベッラ駅からアウトレット直行
シャトルバス(往復料金15ユーロ)が出ています。

(注意以下は2015年4月からの時刻表です。
季節などによっては変更の可能性も十分あるので、
行く直前にサイトでチェックすることをお勧めします。)

所要時間は30分


出発場所

フィレンツェ駅前のPiazza della Stazione n.44 駅広場44番 
から
9:30発
11:30発
14:00発
16:00発

帰り

アウトレットのインフォメーション・オフィス(Ufficio Informazioni )から
13:00発
15:00発
18:00発
20:00発

搭乗券の予約の必要はなし、購入はバスに乗搭乗時に可能です。
そして当日のシャトルバス利用券所持者に対して
バルベリーノアウトレットの店舗において、アウトレット価格の
さらに10%の特別割引の権利があるうれしい特典付です。
搭乗券が15ユーロとは結構なお値段ですが、
上手に使えばさらにお得な買い物が出来ることでしょう!


Barberino Designer Outlet,
Via Meucci snc,
50031 Barberino di Mugello (FI),
Italia,
Telefono: +39 055 842161

アウトレットの営業時間
月曜 -金曜 10:00 - 20:00
土曜 - 日曜 10:00 - 21:00
祝日 10:00 - 21:00

BARBERINO DESIGNER OUTLET サイト


ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2015-03-31 08:29 | フィレンツェ近郊アウトレット

フィレンツェ在住者も必見!日本人経営の美容室★

フィレンツェにももちろん美容室はたくさんありますが、イタリア人、ブラジル人、中国人、その他色んな人種の人々が働いていて
中々日本と同じようにはいかないものです。

日本の美容室のようなきめ細やかなサービス、施術はちょっと難しいのが現状。
シャンプーのときに襟元がぬれたり耳に水がかかったり入ったり・・
日常茶飯事です。
カットやパーマをするにも適切な説明を(オーダー)をしてもその通りになる事は難しいという現実。


そんな中待望の「日本人による経営、日本人美容師による美容室」が誕生しました!!


この春オープンしたこの美容室、中心街からは若干離れていますがバスで簡単に行ける距離です。
電話予約ももちろん日本語でOK!

b0302939_21235173.jpg


外観はこのような感じで外に看板などがないので最初少しわかりにくいかもしれません・・。
内部の写真も撮りたかったのですが他にもお客様がいたので控えました。

でも美容室中は素敵なソファがあって雑誌を読みながらくつろげます。
細かいカットの指示やカラーリングの微妙な色の変化の希望も無理なくオーダーできます。

男性用のメニューもあるのでお友達やパートナーと一緒に行くのもいいですね。
料金は予約の際に確認できます。


イタリアの美容室ではちょっと不安。。。。という方々に是非お奨めです!!



M Studio
japanese Hair Salon

営業時間 月曜日―土曜日 9:00~18:00
住所   via Ottavio Rinuccini 27/c (ヴィア オッタービオ リヌッチーニ)50144 Firenze
TEL   055-5277303

www.m-studio-japanese.com


ブログランキングに参加中です。 
↓にワンクリックで応援をお願いします!
海外ニュース ブログランキングへ



[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-08-25 21:35 | イタリア生活のエピソード

②昔ながらの手法で作られた100%メイド・イン・イタリーのセーター


前回の昔ながらの手法で作られた100%メイド・イン・イタリーのセーターの続きです。

過去記事は コチラ から

b0302939_07204407.jpg


今日はロッコさんの素晴らしいコレクションの紹介です。

Collezioni di  Rocco Ragni 

b0302939_07203098.jpg


ロッコ・ラッニのコレクションを見ていると

イタリア人独特の美的センスと

そして彼の強いポリシーが伝わってきます。

b0302939_07200618.jpg


普通のセーターの枠に留まるのではなく、

ニットで織りなす様々な表現に挑戦

b0302939_07195872.jpg


例えば女性用のコレクションはとてもフェミニンで、


まるで「女性ならば、こうであってほしい」

という思いを込めて作られているようです。

b0302939_07201583.jpg



オフィシャルサイト
www.roccoragni.it


b0302939_04424519.gif 人気ブログランキングへ


[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-02-07 19:39 | ファッション・モーダ

昔ながらの手法で作られた100%メイド・イン・イタリーのセーター

さて今日はとっても素敵なニット工場のお話です!

100%メイド・イン・イタリー、職人が作るセーター

Rocco Ragni
(ロッコ・ラッニ)

ウンブリア州のペルージャ(Pergia)の近郊、
コンプレッソ(Compresso)という場所の
緑あふれる美しい田舎風景の真ん中にロッコ・ラッニの工場はあります。
b0302939_07180110.jpg

オリーブの木や糸杉の豊かな緑に囲まれた美しい場所にある、
この魅力的な建物は元ドメニコ会系の修道院を1970年代初頭にラッニ家が購入、
一家はそこに住居を構え、そして76年にロッコ・ラッニ氏が生まれました。

b0302939_07194989.jpg
この場所が、ロッコのお母さんと祖母が立ち上げたニットと仕立て屋の工房となり、
ロッコは小さい時から、この魅惑的な場所で
紡ぎ糸が交差する、また家族によって考案・実現されたセーターを見ながら育ち
クリエイティヴなセンスを磨きながら育ちました。

ロッコのファッションに対する情熱は強く、彼がかなり若年の頃から、
自分自身のコレクションと自分の名前のブランドを実現させる事を夢見ていました。

b0302939_01364879.jpg
2004年についにロッコは「Rocco Ragni Cashmere(ロッコ・ラッ二 カシミア)」
という自身のブランドを立ち上げます。

ロッコの変わらぬ事の無いモットーは、家族企業の特色を生かしつつ、
真の職人技の仕事を取り戻す事に焦点を当て、
本物の強力な混じり気の無いメイド・イン・イタリー(*)を表現する製品作りです。

(* 注釈 最近のイタリア製は、イタリアン有名ブランドであっても、
イタリア製と書いてあっても、コストの低い外国で大まかな工程を済ませてから
イタリア国内で最後の仕上げ作業をすることによって、MADE IN ITALYと
書いてあることが多くなっていて、本来の素晴らしいイタリア製とは
品質やこだわりが全く異なる「名ばかりのメイド・イン・イタリー」が
市場で普通に出回っているという残念な話があります。
それに対しての氏のこだわりが、「混じり気の無いメイド・イン・イタリー」なのです。)


b0302939_07184336.jpg

ロッコにとって、紡ぎ糸は真の情熱の対象であり、彼のコレクションには
最高級のカシミヤ、そしてイタリアで紡がれたものだけが使用されています。

カシミヤの糸は非常に細く、そして軽く、

また、未知で最新、そしてオリジナルな「織物」を誕生させる為に
時にはシルクやメリノスと意図的にミックスされる事もあります。

b0302939_07182906.jpg
昔ながらの器具を使い、職人が一つ一つ織り上げる

b0302939_07184721.jpg
全て手作りで作り上げるセーターには
大規模な工場で機械で大量生産されたものとは違い、
独特の温かみや美しさがあります。

b0302939_07183814.jpg

Rocco Ragni オフィシャルサイト
www.roccoragni.it

次回はロッコのコレクションを紹介します!お楽しみに~!

続きはコチラから


b0302939_04424519.gif
人気ブログランキングへ

[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-02-05 19:03 | ファッション・モーダ

掘り出し物が見つかるかも??アウトレット「SOTTO・SOTTO」

今日はフィレンツェ市内にあるファッションアウトレットショップ「SOTTO・SOTTO」のご紹介です。

フィレンツェ中心街(ドゥオーモ広場辺り)から徒歩10分程の所にあるこのお店は色んなブランドのお洋服、シューズ、小物などを扱っており特にバーゲンシーズンはアウトレット価格からさらに30%~50%OFFとかなりのお手頃価格になります。

b0302939_06474140.jpg
メンズ、レディースと共にサイズも豊富でお気軽に試着もしていただけます。

特にこの季節は1月4日からフィレンツェでも冬のセールが始まっており、定価からアウトレット価格へ、そしてそこからさらにほとんどの商品が半額になっています(一部除外あり)。

例えば。。。
モンクレールの2012年モデル、定価は455ユーロ。
アウトレット価格で230ユーロ、そして今回のセールで更に50%OFFで最終価格は115ユーロ!!!!

b0302939_06480555.jpg
タイミングによっては掘り出し物に巡り合える可能性大のアウトレットです。
取り扱いブランド;モンクレール、トッズ、セルジョ・ロッシ、ヴァレンティーノ、グッチ、モスキーノ、・・他にも色々取り扱っています。

観光客の方にはもちろんですがフィレンツェ在住の方にもお奨めのショップです。
是非一度ご覧ください!!

 SOTTO・SOTTO
via Pietrapiana 67/r     Tel. 055 2478850
via di Fabbiana,10        Tel. 055 898443(campi bisenzio)
www.sottosotto.it



ブログランキングに参加中です。
 ↓にワンクリックで応援をお願いします!
イタリア旅行 ブログランキングへ
********************
[PR]
by firenzemeyasubako | 2014-01-13 07:06 | グルメ・ショッピング情報

②仕立て屋のおばあちゃんの服

前回の 仕立て屋のおばあちゃんの服 の続きです。(過去記事はコチラから
b0302939_7153453.jpg  




























仕立て屋の話とは全く変わってしまいますが、
ジュリアーナさんから聞いた何ともいえない不思議なつながりを感じるエピソードです。

ジュリアーナさんは、以前、フィレンツェのベッキオ橋(PONTE VECCHIO)からすぐ近くのアパートに住んでいて、その時の同アパート内に住んでいたのが、
日本人ピアニスト、今はお亡くなりになられた原智恵子さんだったそうです。
原智恵子さんとはおつきあいがあり、彼女自身から色々なプライベートなお話をご本人から聞いていたそうです。

アパートを変えて以降は、原さんとは連絡をとることもなかったそうなのですが、
「彼女は今頃どうしてるのだろう?まだ生きているのだろうか?」と、時々思いだしては気になっていたそうで、

今回私達に、「名前がシーコーハーラ、プロの日本人ピアニストで、彼女が再婚した相手がスペイン人チェリストのガスパール・カサドっていうんだけど、知らないかしら??私、彼女がその後どうなったのか気になってね。今はどうしてるのか?なにか知らないかしら?日本人はみんな年齢より若く見えるので、彼女が何歳だったのか全く見当すらつかないのだけど」と聞いてきました。

最初はこちらも「シーコーハーラ」って、どんな名前だろう?と全く検討がつかなかったのですが、ネットで少し調べてみたら「原智恵子さん」という方だったのが結構すぐにわかりました。

原さんが既にお亡くなりになっていた事は、ジュリアーナさんは残念に思われました。
しかし、大分前の話なので、仕方がない話ではあるとも。


b0302939_712519.jpg

















実を言うと私達も(失礼ですが)原智恵子さんのことは全く知らなかったのですが
日本では彼女についての本も2冊出版されているようです。

そんな著名な彼女の何十年もの前の外国での生活の様子を、
彼女と直接関わった方から、同じ日本人というだけで少しお話しを聞けたのも、
何かのご縁なのかもしれません。



ブログランキングに参加中です。
↓にワンクリックで応援をお願いします!

海外ニュース ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-12-19 05:49 | イタリア生活のエピソード

①仕立て屋のおばあちゃんの服

今日は洋服のオーダーメイドの仕立て屋チャッペイさんのお話です。

ジュリアナ・チャッペイさんは御年84歳、

実際の御年齢よりもずっと若く、元気で活発なおばあちゃんです。

今回は、そんな彼女の作った洋服の一部を見せていただきました!

b0302939_713619.jpg 






























シニョーラ・ジュリアーナの使用する生地は厳選された良質な布ばかり、

そして熟年のプロの技で仕立てられたオーダーメイドの服は何年たっても、

飽きのこない、そして既製品とは全く違い顧客のサイズに合わせて作られる為、

何回も着て洗ったとしても、きちんとアイロンがけさえすれば、

型崩れなどもせず綺麗な状態を保ち、買った時とほぼ変わらないのだそうです。

b0302939_7135711.jpg



























時々、お客様から突然電話がかかってきて、

「ジュリアナ、元気??私○○だけど、ねえ、今私何着てると思う?
あなたが●年前に作ったあの●○色のジャケットを着てるのよ!」

「え~、嘘でしょ~、あんなに昔に作った○○を?!はは~!」



という会話が顧客との間で時々ある,とジュリアーナさんは

笑いながら語ってくれました。

b0302939_7143019.jpg 
















彼女のお客様には、フィレンツェの良家の方々をはじめ、イタリア中の要職につい

ている方やその家族など、例えば、RAI(イタリアの半国営放送)などの重役の

奥様などや、またローマにいる政治家の奥様などもいらっしゃるとか。


 b0302939_7151447.jpg 





























ファッションに対する基礎というのは単なる見た目やイメージだけではなく、

技術や素材そのものにも当然ながら重点を置いているところ、


さすが、偉大な歴史を誇るフィレンツェ人は違うな、と思いことがよくあります。

仕立て屋のおばあちゃんの服 は ②に続きます。 (コチラ)

ブログランキングに参加中です。
 
↓にワンクリックで応援をお願いします!

海外ニュース ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-12-15 05:51 | イタリア生活のエピソード

①フィレンツェに住む素敵な人 リカルド・ペルナさん~Ricardo Perna

今日は皆さんに、フィレンツェに住む素敵なイタリア人を紹介します。


第一回はモデルでアクターのリカルド・ペルナ(Ricardo Perna)さんです。
b0302939_2471199.jpg
フィレンツェ育ちのリカルド氏、

日に焼けた肌、大きな黒い目、黒髪の、

特に南イタリア・地中海沿岸独特の風貌をもち、

外国の人間にとって思い描くようなイタリア人男性のイメージそのままの彼ですが、
b0302939_2474383.jpg
やはりご両親は南イタリアにあるシチリア島出身だそうです。

そして彼が生まれたのはベネズエラのマラカイで、

そして1歳の時にフィレンツェに家族で移住したそうです。

b0302939_2483181.jpg
十代後半からモデル・アクターとして活躍し、

モデルとして最初の重要な仕事はサングラスで有名なRayban、
b0302939_2512774.jpg
アクターとしては、ガイ・リッチー監督作の[Swept Away]で

あのマドンナとの共演を果たしました。

b0302939_253046.jpg

現在はフィレンツェにて、ファッションブロガーとしても活躍中です。

リカルド・ペルナさん発信のファッションブログはこちら

     
FASHION ON FACE by Ricardo Perna


ブログランキングに参加中です。
 <↓>にワンクリックで応援をお願いします!


海外ニュース ブログランキングへ
[PR]
by firenzemeyasubako | 2013-11-07 19:25 | 素敵なイタリア人

最新の記事

冬時間になりました。
at 2017-10-30 08:16
新しくなったフィレンツェSM..
at 2017-07-06 15:50
Firenze中心街のショッ..
at 2017-04-07 04:49
イタリア中央地震の被害でお亡..
at 2016-08-31 01:41
中心街にできた秘密(?)のBAR
at 2016-06-09 15:50

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

お役立ち情報

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして!
フィレンツェで展示会
イタリア生活のエピソード
フィレンツェ観光
フィレンツェのバス・電車
イタリアのニュース
素敵なイタリア人
グルメ・ショッピング情報
観光お役立ち情報
イタリアでの婚姻手続き
ファッション・モーダ
イベント
ご挨拶
フィレンツェ近郊アウトレット
未分類

フォロー中のブログ

お茶の時間にしましょうか...
花と風景 Photo blog
花が教えてくれたこと
小さな森の写真館 (a ...
dezire_photo...
Green+Pink
カザルパロッコのネコ(C...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
BAYSWATER
Happy moment
人生とは ?
気ままな食いしん坊日記2
陶房弥栄より
YUKA’sレシピ♪
a cozy littl...
フェルタート™・オフフー...
hhh
kotorishu* (...
カザルパロッコのネコ
La rose 薔薇の庭

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

検索

ブログパーツ

タグ

(100)
(97)
(52)
(35)
(35)
(30)
(18)
(16)
(13)
(12)
(9)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)

ファン

最新のトラックバック

ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..

外部リンク

その他のジャンル